2009年05月22日

難病情報センターの就労支援のページ

難病情報センターも就労支援の情報を載せてくれています。
http://www.nanbyou.or.jp/madoguchi2/wksp/index1.php
今後、さらに改善していく予定です。

難病相談・支援センター担当者への就労支援の研修も進められています。
http://www.nanbyou.jp/results/kenshu_19_kougi.html#2

http://www.nanbyou.jp/results/kenshu_20_kougi.html#6

 難病のある人の就労支援とは、「職業生活と疾患管理の両立」支援です。単に仕事に就くだけでなく、無理なく、能力の発揮できる仕事に就くことと、仕事に就いてからの疾患管理ができるように職場の理解や配慮を得ることや、医療や自己管理の支援を継続させることの、総合的な取組です。
 当初は、「うちはハローワークじゃないし・・・」「医療職なので、就労支援はできません」という声も多かったのですが、だんだんと共通理解ができてきているように思います。
 ハローワーク等は適切な職探しや職場の理解や支援の体制づくりに取り組みますが、難病のことが分からないので、実際には何もできない状況が多くなっています。難病相談・支援センターや医療職の「就労支援」とは、そのような就労支援専門家と共同しながら、「餅は餅屋」でしっかり医療面や生活面を支えていくことが重要です。


posted by YH at 16:12| Comment(0) | 難病情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

難治性疾患患者雇用開発助成金(難病のある人の雇用促進モデル事業)

厚生労働省のホームページから:
概要:
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha02/pdf/60.pdf
リーフレット:
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha02/pdf/61.pdf

 難病のある人は、職業生活と疾患管理を両立させるために、職場の適切な理解や配慮を必要とする人が多くいます。(逆に言えば、職場の適切な理解や配慮があれば無理なく働ける人が多い。)

 それにもかかわらず、従来、難病のある人には、身体障害や精神障害のある人のような、雇用主側への雇用促進索がありませんでした。

 このようなモデル事業は、難病のある人の雇用例が増え、多くの企業で、適切な配慮さえすれば、病気があっても無理なく仕事ができるのだという理解を広げるよい機会です。そのためには、難病のある人の雇用を検討する雇用主への適切な情報提供や個別支援が重要でしょう。
posted by YH at 16:59| Comment(0) | 難病情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難病の就業/就労問題の関連リンク

 最近、難病のある人の就労問題についての問い合わせが増えていて、「情報のあるホームページ」について聞かれますが、簡単にまとめたページがまだできておらず、申し訳ありません。
 とりあえず、各所にある関連情報のリンクだけ整理します。
(重いpdfのページが多いのでご注意下さい。)

1.1997年に当時の労働省の要望で実施した研究
http://www.nivr.jeed.or.jp/research/report/houkoku/houkoku30.html
第V部には、全国調査結果をまとめています。
調査結果の疾患別まとめはここ↓です。
http://www.nivr.jeed.or.jp/option/nanbyo/index.html

2.厚生労働省:難病の雇用管理のための調査・研究会(2004年度〜2006年度)
(1)実態調査結果の報告書(2006年3月)
http://www.koyoerc.or.jp/nanbyo/honbun.pdf
http://www.koyoerc.or.jp/nanbyo/furoku.pdf

(2)最終報告書その他(2007年3月)
http://www.nivr.jeed.or.jp/download/research/nanbyou01.pdf
難病のある人の雇用管理・就業支援ガイドライン
  及び
難病(特定疾患)を理解するために〜事業主のためのQ&A〜
http://www.nivr.jeed.or.jp/research/report/nanbyou.html
 の下の方(その他の調査研究)で、分割してダウンロードできます。

3.障害者職業総合センターでの就業支援モデル事業
http://www.nivr.jeed.or.jp/download/houkoku/houkoku84_06.pdf
の、第5節には就業支援事例集があります。
・モデル事業のノウハウをまとめた難病就業支援マニュアル
http://www.nivr.jeed.or.jp/research/kyouzai/25_nanbyou.html

4.障害者職業総合センター発行の「職リハネットワーク」での難病就労支援の特集(2007年)
http://www.nivr.jeed.or.jp/research/network/net61.html

5.ハローワークの支援ノウハウの研究でも、1例まとめています。(2009年)
http://www.nivr.jeed.or.jp/download/shiryou/shiryou46.pdf
の58ページには、ハローワークと難病相談・支援センター(岡山)の連携の例があります。
posted by YH at 12:55| Comment(0) | 難病情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。