2006年06月23日

PR上手

佐賀難病・相談支援センターの9月の就業支援シンポジウムに、はなわさんを呼ぼうとメールを送ってみた、とのこと。
沖縄センターではかっこいいイメージ広告を作ったようです。

「難病」という名前自体が、何か誤解と偏見の根源のような気がして、現実をちゃんと反映した実際の課題をみんなで理解しあえて、取り組めるように、一般への幅広いPRが必要ですね。名前も変えたほうがいいかも、ですね。
 「成人病」⇒「生活習慣病」
 「精神分裂病」⇒「統合失調症」
 「精神薄弱」⇒「知的障害」
 「難病」⇒ ?


posted by YH at 12:00| Comment(3) | 支援ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
はなわさんにメールを送ってはいましたが
反応はありません。夢は夢と消えるのでしょうか。
タレントの呼び方ってあるのでしょうか。
事務所に打診するにしても高額のギャラは払えないから・・・。
Posted by 佐賀吉田 at 2006年06月27日 15:18
佐賀吉田さん、ありがとうございます。
とにかく「シュートを打った」ということで素晴しいと思います。

最近読んだ「コネやツテの最大利用」の話を思えば、例えば、佐賀の難病患者さんの一人一人に聞いていけば、どこかではなさわんに個人的なネットワークがつながっているという可能性も高いので、そこが突破口になるかも、とも思いました。
Posted by YH at 2006年06月27日 15:41
難病=原因不明形慢性疾患?とか・・・。(笑)

佐賀もすごいですね。
熊本も佐賀も良いライバルみたいな感じですね。

シュート打ちまくり!励みになります。
Posted by 照喜名 at 2006年06月27日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。